不倫・浮気の調査はまだ探偵に依頼するな!!!不倫・浮気調査団では自分で出来る不倫・浮気調査方法を紹介しています。

不倫・浮気調査団 TOP>不倫・浮気を見破る!!!>携帯電話から不倫・浮気を見破る

不倫・浮気を見破る!!!

 

携帯電話から不倫・浮気を見破る


パスワードロックを解除する

携帯電話にパスワードロックがかかっていると、携帯電話の電話登録やメールなどを全くチェックすることができません。ターゲットがコソコソと隠れて携帯をいじっていたり、マメにメールを送っていたりしているのを目にしていれば、どんな相手とどんなやり取りをしているか、どうしても気になるものです。普段の無防備な状態なら、自分の誕生日を4桁の暗証番号にしている人も多いと思いますが、不倫・浮気を始めたとたんに暗証番号を分かりにくいものに変更されてしまうこともあります。

そこで、携帯電話に入っている内容が気になってしまう人のために「携帯電話のパスワードロック外し」を伝授します。

パスワード解読

携帯電話のパスワードロックを外すためには、その暗証番号を解析することが必要となります。パスワード解析を行なえるのは、パスワードロックの暗証番号が4桁の場合のみとなります。それ以外の場合は、ロックの解除が難しくなるでしょう。

パスワードロックの暗証番号の解析方法として、一般的にパスワードは四個のカテゴリに分類できるそうです。家族、ファン、 自己中、そして意味不明。基本的には4桁の暗証番号の場合は「0000」〜「9999」までを試していけば、いつかは暗証番号にたどり着きます。でも、それを人の手で行なうにはかなりの時間がかかってしまいますので、自動的に解析が可能になる方法を紹介します。

まずは、揃えるものを説明します。

1 パソコン
皆さんのお宅にあるパソコンで十分です。パソコンのOSは「Windows」「MacOS」どちらでも構いません。特殊な知識もあまり必要なくて、購入してきたソフトをインストールできる程度の基本的な操作が分かれば、使うことができると思います。

2 携帯電話用ソフト
携帯電話用ソフトというのは、主に携帯電話のデータをパソコンに移すためのソフトのことを指しています。

3 携帯電話とパソコンを繋ぐUSBケーブル
たいていは、携帯電話用ソフトに同梱されていると思います。ケーブル単体でも販売されていますが、ソフト付属のものを使うほうが間違いないでしょう。

番外 シェアウェアのパスワード解析ソフト
携帯電話用のソフト以外にも、シェアウェアで携帯電話のパスワードの解析ソフトが販売されています。こちらは過去に発売された物で対応機種が古い物となり、また、ケーブルもシリアルポート接続となるために、携帯電話用ソフトのように手軽に……というわけにはいかないかもしれません。
後は、それぞれに購入した携帯電話用ソフトの説明書に従って、パスワードロックの解析・解除を行なってください。

注意事項 

※ 悪用しないこと
この項目で紹介している携帯電話用ソフトは、本来携帯電話のデータを管理・バックアップするためのもので、パスワードロック解除はそれらの機能の一つです。この機能を用いて、むやみに他人の携帯電話のパスワードロック解除を行なわないように、お願いします。

 

メールを転送する

携帯でのメールのやり取りは時と場所を選ばずに、ちょっとしたヒマさえあればできるので、当然、不倫・浮気相手とのやり取りにも多く使われています。

メールから得られる不倫・浮気の情報はかなり多く、浮気相手からのメールを特定できれば、メールアドレスや携帯電話番号が分かりますし、メールアドレスの登録やメールの内容によっては、名前や住所、勤務先なども分かることがあります。それだけに留まらずに、実際にターゲットと不倫・浮気相手が会う日時、または会った日時や、浮気相手の写真などが、メールでやり取りされているということも少なくありません。
そんな不倫・浮気相手とのメールを見つけた場合は、残しておくのが一番です。記憶したり手書きでメモをとったりでもある程度の情報は残せますが、浮気相手の写真等があったら残せませんし、また、デジカメの写真で相手の携帯電話の画面を写すにしても、案外至近距離での対象物の撮影は焦点が合わないことが多くて、鮮明に残せない可能性があります。

そこで、比較的簡単にメールを他の場所へ移動させる方法です。

携帯電話のメールの転送設定

もしかしたら、皆さん自身の携帯電話で使ったことのある機能かもしれないです。メールボックスにあるメールを、内容をそのままに別のメールアドレスへ送信するという機能です。この転送機能を用いて、自分の携帯電話メールアドレス、あるいは、PCメールアドレスに不倫・浮気相手からのメールをそのまま送ってしまおう、という方法です。

相手の携帯電話を扱う必要がありますので、その携帯電話を扱えるだけの知識は必要です。ターゲットの携帯電話の説明書を読んでおいて、転送方法を覚えておいてください。

他に、友人が相手と同じ機種を持っていたら、それを使ってみて携帯の操作に慣れておくのも一つの手です。
相手が携帯電話を手放した隙に、直接触ってみて操作に慣れという方法もありますが、あまり触っていると相手に警戒されてしまう恐れがありますので、行なう際には充分にご注意下さい。

また、自分の携帯電話を相手と同じ機種にしてしまうということも考えられます。危険を冒さずに操作に慣れることができますが、今度は相手が皆さんの携帯電話をチェックするという恐れがあります(同じ携帯機種だと操作に慣れているために、互いにチェックされやすくなる傾向にあるようです)。

充分に操作ができるようになったら、実際に不倫・浮気相手のメール転送を行なってみましょう。ただし、メールの転送方法は携帯電話の契約会社や機種によって違いますので、あくまで一例として参考にしてください。

1.相手の携帯電話のメールから、不倫・浮気相手からのメール、もしくは、浮気相手に送ったメールを選択する。

↓↓↓

2.メールを選択した後に、メニューを開いて「転送」という項目を選択する。もしくは「転送」ボタンを押す。

すると、不倫・浮気相手からのメール内容が本文に書かれている、宛先なしの新規メールができ上がります。

↓↓↓

3.転送メールの送信先に、あなたのメールアドレスを入れます。この際、メールアドレスは携帯電話か、パソコン、どちらでもかまいません。

↓↓↓

4.設定を行なったら、メール宛先にメールアドレス、メール本文に転送したいメールの内容が入っていると思います。 その後は普通のメール送信方法と同じです。メールを送ってしまえば、送り先にメールが届きます。


注意点1 証拠隠滅はきっちりと

不倫・浮気の見破り方は、基本的に相手の携帯電話を操作します。相手の携帯電話に、操作したという証拠が残らないように、きっちりと後始末をしておかなくてはなりません。また、操作した携帯電話は元に位置に、元の方向で置いておくのも忘れてはいけません。どれだけ気をつけても相手が携帯を操作したことに気づく可能性がありますので、その場合の言いわけを考えておいたほうが良いでしょう。

注意点2 事前のリハーサル(練習)

紹介する不倫・浮気の見破り方に目を通して、事前に必要なものを揃えていたとしても、練習無しの「ぶっつけ本番」で行なうのは、あまりお勧めできません。できる限り事前に練習する機会をつくっておいたほうが良いでしょう。ご自身の携帯電話やご友人の携帯電話などで充分な練習をしてから、本番に臨んで下さい。

注意点3 実行のタイミング

「夫がお風呂に入っているスキを狙ったら、思ったより入浴が早く終わってあせりました」 など、ヒヤヒヤものの体験談も、実行した人から聞くことが少なからずあります。 できるだけ長い時間、ターゲットが携帯電話に注意を向けないような状況で行なった方が、あせらなくてすみます。

注意点4 浮気・不倫相手の名前について

携帯電話に、不倫・浮気相手の電話番号が登録されているという場合ですが、そのままの名前で不倫・浮気相手が登録されているとは限りません。 別の名前や会社名、ニックネームなどで登録されていることもありますので、発着信履歴などを総合的にチェックして、 怪しい登録番号を調べた方が良いでしょう。特に、別の名前の場合は、相手と同性の名称にして怪しまれにくくしていることがありますので、相手が男性の場合は男性名、 女性の場合は女性名もチェックしておいて下さい。